フルーツおみくじ♪
おみくじで出たフルーツ表示
フルーツギャラリー表示
フルーツおみくじ開始

2016年12月31日

大晦日

やっべー!もう2016年終わりだよ!

今年は仕事が忙しいままで大晦日前の連休となるまで実感が余りなかった。ってか、人手が足りなさすぎて2〜3人分の仕事をせねばならない状況。

まあ、某大企業みたく過剰な労働時間とパワハラで自身の命を犠牲にしなければならない程じゃないにせよ人を増やして欲しい。出来れば

使える人材

をwここ大事。

悲しいかな若い人材に使える者は少ない。『日本はもう駄目だ』と実感してしまう程。私世代が子を育んで『愛玩』で成長させた結果なのだろう。

キラキラネームを見ても、それが判る。

とにかく、物事を考える事が出来ない。興味の無い事は記憶する事が出来ない。注意を受けると言い訳から入り正当化する。

勿論、私世代の連中にも同じ輩がいるのだが、なぜか若い世代はテンプレートの様に画一化されている。ある意味関心する。



それで通用する世の中ではないので、残念ながら段々と淘汰されてニートなどに収まってしまう悪循環となる訳だが。大学卒のニートが増えているのも事実だし。

学生生活で勉強はともかく散々思い通りになっていて、いきなり社会に出て今までを全否定というケースも職場環境によってはあるだろうから考えて見たら残酷だわな。

かくいう私も挫折しかかっていたし。学生時代、どれだけ甘ったれて生きてきたかを社会に出て身にしみた。そりゃそうだ。金払って『勉学を教えて下さい』と、金貰って『会社利益に貢献します』では真逆だものな。

仕事で金を貰うという事は、客の信用や会社の信用により貰う事だと私は思っている。学校に遅刻するのと、客先に遅刻するのでは遅刻は同じだが意味が違ってくるし。

学校への遅刻は自身の損失で終わるが、客先への遅刻は自社の信用の失墜に繋がり最悪の場合取引の損失となるケースも。

来年新卒で社会人となる方もいるだろうが、学生生活で学んだ事は余り意味はない。ただ、学生生活で得た経験や知識を、どう活かせるかで他の人達とはスターとラインが変わる事はあると思う。

為になる本があるとしよう

本を読んで記憶しているだけの人と、本を読んだ内容を活かせる人

前者は学校では成績優秀者ではあっても、社会では後者が伸びるケースが多い。高学歴を鼻に掛けている人が結構いるが本当の勝負は社会に出てから。

あなたの学歴が学校ではなく社会で評価されたら本物だろう。そういう人は尊敬に値する。

年末に愚痴となってしまったが、マジに年始から仕事量がヤバイwまあ、追い詰められる程気分が漲ってくるM気質な私なのでイヤかというとそうでもないけど。

って事で、来年も当ブログを宜しく!
posted by ue at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | なんとな日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ